夫が医師の私に気付かせてくれたこと

夫は毎日寝る前、私に「愛してるよ。今日もありがとう。」と言ってくれます。
ワガママで自分勝手な夫なのですが、それがあるから許せるの。

医師の私は夫と出会う前まで「愛してる。」なんて人に言ったことありませんでした。
好きという感覚はあっても愛してるという感覚がいまいち分からなかったからです。
家族に対してもそうです。
家族から愛されている感覚はあっても自分が家族を愛してるなんてよく分かりませんでした。
たぶん愛してるんじゃないかなぁ?くらいで…
(こんな私も昔は北海道内の某所で精神保健指定医をしていました。)

夫は付き合っている頃から「愛してる。」を多用していました。
付き合って3回目のデートでもう「愛してるよ。」と言われましたから…
医師の私はビックリしましたよ。
感覚が分からない私は(そんなこと軽く言って欲しくない!)って思っていましたが…

しかし夫と付き合っているうちに医師の私はふと気付きました。
私はもしかしてこの人のことを『愛している』のかもしれないと…

それからです。
家族や友達のことも私は昔から愛していることに気付きました。
当たり前過ぎて愛していることに気付かなかったのです。
私って鈍感ですよね、医師のくせに(笑)

夫はとても素直な人です。
尊敬してしまうくらいに…

毎日寝る前にいつも私は夫に返します。
「私も愛してるよ。」って…

薬剤師になるために

正直、ずば抜けて頭が言い訳ではありません。
しかし薬剤師になりたくて今はそれに向かって勉強を頑張っています。大手のドラッグストアに薬剤師として就職したい!!
親は僕が薬剤師などになれるわけがないと思っているようですが、やってもなければわかりませんし、とにかく今は目標に向かっていきたい気持ちが強いのです。
勉強をしている中で、成績も上がってきましたし、もっと頑張ればもしかしたら・・・
という気持ちにもなってきました。
しかし、担任も先生はとても国立大学の薬学部は無理だといいました。
だったら、私立でもよいのではないかと。
薬剤師を目指そうとしている僕に、色々なアドバイスをしてくれました。
その話を両親にすると、頑張れといってくれたのですが・・・
両親も色々調べたのでしょうね、私立はとにかく学費が高いようで、受験しやすいようですが、みなそこらへんがネックになっているようです。
僕の中でもこれほど高額なものだとは思ってもいませんでした。
しかし今の僕の家庭では無理だと断言されてしまいました。
奨学金で通うことができるのでしょうか。
出世払いのようになってしまうことも、僕の中では不安なところではありますが、せっかくここまで頑張ってきているので、なんとできればと思っています。

顔をしかめる人

日に正面からあたると顔をしかめる人は攻撃的なんですって。
でも今は紫外線が気になるから、太陽の光が顔にあたったら、うわぁってなりますよね。
ああ、しかめるというより目を伏せるかな…。
そのような傾向になるのはイタリアの人などで攻撃的、暴力的になるんだとか。
光で落ち込むと攻撃的になるというのは別です。
世界的に攻撃性は熱い時期に高まるとされています。
考古学や最近のデーターとあらゆるものを調べてわかったことです。
気温が高まる時期は暴動、戦争、犯罪が起きやすかったからです。
暑いと人のイライラを上昇させますから影響するのかもしれませんね。
世界的に初夏と冬は性的な関心が高まります。
その時期に妊娠すると4月10月と育てやすいからというのもあるんだそうです。