恋は盲目といいます

恋は盲目といいます。
うまくいっているときは、ちょっとしたことも大した疑問や不満にはなりませんでした。
でも終わりを迎えるときには、あのときはこうだったけど、私は甘受していたということが次々と思い浮かびます。
その時はとくに無理をしていたわけではないけれど、仕事が多忙だという相手の負担にならないようにと考えていました。
私はそうやって気を使っていたのに、なんて思いがありますね。
そういうのは、結局自分がよく思われたいとか必要とされたいという考えのあらわれでもありました。
そんなことを今更言われても相手も困るでしょうね。
影なる努力を知って欲しいという気持ちはあるけど、最後に嫌な思いを残すのも本意ではありません。

コメントは受け付けていません。