好きな作家さんの新境地

好きな作家さんの新境地とも言えるべき作品がありました。
いつもの警察モノでもなく、コミカルな話しが多く。
でも最後にはやっぱりその作家さんらしい、なかなかシリアスな展開をぶっこんできました。
とても好きな本になりましたよ。
その続編が出てとても嬉しかったです。
なかなか読む時間もなくて、やっと読むことが出来ました。
しかし、なんだか私が期待していたのとは違うものになっていました。
前作が気に入っていたからこと落胆は大きいです。
それも本筋とは関係なくはないけれど、主要キャラの家族に関することで確実にまた続編が出るなという終わりかたでした。
シリーズものになったようです。
前回の本と同じテイストだったら良かったけどいっきにシリアスな展開になりそうであまり嬉しくありません。

コメントは受け付けていません。