数量限定の受注商品

数量限定の受注商品ってそれなりに理由があってそうやって売っているんでしょうけれど、それを販売終了後に知った身としては心底ガッカリです。
買えなかったからといって今の時代は絶対に手に入れられないということもありません。
ネットで探してみれば必ず見つかります。
しかしそれがプレミアムもの、かそれとも人気が出るものなのかで、定価の二倍三倍、下手したら10倍以上の価格で売られているわけです。
ため息が出ちゃいますね。
そりゃあ、湯水のようにお金を使える人なら購入することが出来る現実に感謝するでしょうね。
でも私としては高額なお金を投じて手に入れることはできません。
ほんの数か月前ですけど時間が戻ればちゃんと公式な場所から定額を払って購入出来たのに残念です。