滲出性中耳炎

左右や斜めに頭を動かすときに音がぼやけることがある人がいらっしゃいます。
鼓膜の内側は空間になっていてこれを中耳と言います。
この空間が音の振動を奥に伝えるために少量の水がある。
老廃物を排出したり鼓膜の保湿の為にある。
この水が多いとよくないようです。
それが鼻へとつながる管→耳管がある。
あくびや何かを飲み込んだときにあいて、耳の方が水が行く。
耳管に水がいかない人がこの症状が起きます。
耳鼻咽喉科でその水を滲出性中耳炎といい、50歳以上に続出しています。
子供がなる中耳炎は鼻から入るウィルスなどでなります。
私も子供のころによくなりましたよ・・・。
この中耳炎は痛みがあるが、50歳以上がなる滲出性中耳炎は痛みがない。
耳管が未発達な子供がなることもある。