気分が落ち込むできごと

食事の一番はじめに千切りしたキャベツを食べたんです。
ドレッシングも何もつけていないのに、しょっぱかったから切った母に、なんだかしょっぱいよと言いました。
オクラを茹でる前にまな板の上で塩もみしてたから、それでまな板に塩が残っていたんじゃないかと思います。
そういったら、「夏だから塩分をとらなきゃ」と言ったんですよ。
間違いと認めないようでそれはそれでいいやと思って何も言わなかったら、
「あんたは運動しないから汗もかかないだろうけどね」だって。
呆れてものも言えませんでした。
失敗を責めたわけでもなく、言い訳だってツッコミも入れずにいた私に対してこの言いようですよ。
自分のミスをごまかすために私を貶めたのが情けないです。

さすが薬剤師

エアコンの使いすぎかもしれないですよね・・・
夏風邪なのか、あまり8体調がすぐれない日々が続きました。
近所のドラッグストアに行って、風邪薬を購入。
そのときに薬を一緒に選んでくれた薬剤師が、薬と同時にビタミンEを取ることで回復が早いといいました。その人は昔地方公務員の薬剤師の求人に受かったこともあるような結構すごい人みたいなんですよね。
そのときは「はい」と返事はしましたが、果たしてこのビタミンEは本当に効果があるのかと半信半疑でした。
しかし薬を飲み、そして薬剤師に言われたビタミンEを取り入れていると薬も効いたかもしれませんが、以前よりも体の調子がよくなったのです。
それに時々はビタミンの類を気にして取るようにしているのですが、あれ以来体調の変化はまったくなくなりました。
薬剤師さんは薬のプロですから、その場にいたら何でも聞いてみるほうがいと思います。
色々な知識がある中で、為になる話をきけますからね。
単なる風邪だと高をくくっていると、大変なことにもなってしまうでしょうし。
今は食生活も自分で気を使いつつ、仕事がデスクワークとまったく体をうごかさないものなので、少しの運動をするように心がけています。
薬剤師のおかげで、自分が健康志向になってきたことは間違いありません。
人間健康が一番ですからね。