肝臓で作られるたんぱく質

アルブミンとは肝臓で作られるたんぱく質の一種のことです。
血流にのってさまざまな組織をつくる材料になります。
肝臓が悪くなるとアルブミンが減る ねんれいと主に減る
近年は年齢に関係なく、アルブミンが少なくなっていることがわかっていきています。
アルブミン値が高くなると平均寿命も延びたという研究結果があります。
アルブミンを増やすために肉食ですって。
質の良いタンパク質で、肝臓自身の健康度が高まって機能がフル回転する。
私はあまりお肉を食べないのでまずいなと思いました。
肉の脂はエネルギーに変える力が魚より多い。
ただお肉だけを食べていればいいのではありません。
動物性たんぱく質をとるのが良いとされています。
乳製品、卵、魚とバランスよく食べましょう。