失われつつある味覚

最近はフルーツを食べない人がとくに若者に増えているようです。
若者じゃないけど私自身もフルーツは食べないですけど、それは子供のころからですよ。
フルーツを食べたいって気持ちになったことがないんです。
完全に嫌いなフルーツもありますけど、ものすごく好きってフルーツもないです。
人間は本能的に酸味や苦みを避けるようにできています。
個食が多くなっている現代は酸っぱいものが避けられている傾向にあるとされています。
10代から60代に味覚検査をしてみると、10代20代では平均値か平均値よる上にならないと味覚を感じないという結果になりました。
甘味に対して鈍感になっているわけですね。
他でも試験をした結果、高校生や大学生に舌が鈍感になっている人が多くなっていることがわかりました。